植物

環境の分野での植物の分類

ハワイ諸島は地球上で最も孤立した(大陸から離れた)島々です。ポリネシア人が渡来するまでは無人島でした。コウモリとアザラシ以外の哺乳動物はいませんでした。そのような環境での生態系は大変珍しく不思議なことで一杯です。現在のハワイでは人為的に持ち込まれた植物が大変多いです。

在来種(native species)とは、もともと自生している植物のことで、ポリネシア人の渡来以前に、海流とともに、風とともに、または渡り鳥とともに渡ってきたものです。 在来種(native species)を更にendemicとindigenousという2つのタイプに分けることができます。

ENDEMIC
(エンデミック):
A species that is endemic is unique to a defined place or region (in other words only found in that place or region) and not naturally found anywhere else. Usually the term is applied to a discrete geographical unit, often an island or island group, but sometimes a country, habitat type, or other defined area or zone.
ENDEMIC(エンデミック)である種は、限定された場所や地域に特有な種(その場所や地域にしかない)で、その他の場所には棲息しない種のことです。ある島や諸島などに限定されたもの、ある国や、ある環境や、ある地域に限定されたものに当てはまります。ハワイでは「ハワイ諸島にしか棲息していない種」のことをENDEMICと呼びます。つまりハワイ固有種です。その中には「ハワイ諸島内の特定の狭域にしか棲息していない種」もあります。

INDIGENOUS
(インディジネス):
A species that is indigenous to somewhere may be native to other locations as well.  
INDIGENOUS(インディジネス)である種は、ある場所の在来種であるが、他の場所にも自生しているという種です。たとえば限定されたある一部の場所でしか見られないのではなく、熱帯域に広く分布しているというような広域分布種のことです。ハワイでは「ハワイ諸島に自生しているが、ハワイ諸島以外にも自生している種」のことをINDIGENOUSと呼びます。つまり在来種ではあるが、ハワイ固有種(ハワイだけにある種)ではない種です。
外来種(introduced species, alien species, exotic species)とは、人が観賞用、商業目的などで他地域から持ち込んだ植物です。人為的にハワイにある植物です。意図的であっても、偶発的であっても外来種と呼びます。野生化して増えた外来種のことを帰化種(naturalized species)といいます。生態系への影響が大きい外来種のことを侵入種(invasive species)と呼びます。
ハワイではポリネシア人によって持ち込まれた種や、西洋人の渡来後に持ち込まれた種がありますが、ポリネシア人によって持ち込まれたものはpolynesian introductionと呼び、他の外来種と区別します。canoe plantとも呼びます。ポリネシア人はカヌーで渡ってきたからです。


このブログは、ハワイ島でエコツアーを案内するHAWAII NATURE EXPLORERSの環境保護への取り組みのひとつです。緑豊かなヒロよりアロハをこめて発信しています。


2006-11-19 | Posted in 植物No Comments » 
Comment





Comment