思考

海辺の秘所

Coastal Area

誰一人いない海辺を3時間歩きました。海に落ちる崖に沿ったこの場所は古い溶岩台地の端。海岸沿いはほぼ一面、1つの花を2つに裂いたような白い花を咲かせるクサトベラ科のナウパカ・カハカイという植物で覆われていました。白くかわいい花を咲かせ、葉がサンショウの葉に似たウーレイというバラ科の植物もたくさん生えていました。
ところどころに、こじんまりとした黒砂のビーチや、黒く丸い小石でできたビーチがありました。きっと昔は、このようなところからカヌーが出入りしていたのでしょう。ニウ(ココヤシ)やノニやハラなど、昔の人たちが利用した植物が生えていました。ハラの木の木陰でランチを食べながら、昔の人たちの生活の様子を目に浮かべました。もしかすると昔この木の下で女性たちが、この木の葉で何かを編んでいたかも知れません。

 


このブログは、ハワイ島でエコツアーを案内するHAWAII NATURE EXPLORERSの環境保護への取り組みのひとつです。緑豊かなヒロよりアロハをこめて発信しています。


2007-04-10 | Posted in 思考No Comments » 
Comment





Comment