ハワイの文化

イプ・ヘケ・オレ

ハワイでは、ヒョウタンのことをイプ(ipu)といいます。ヒョウタンはポリネシアから持ち込まれた植物です。昔はイプを水や食べ物を入れるために利用しました。また昔も今もヒョウタンで打楽器をつくります。フラでは欠かせない打楽器のひとつです。イプを2つ繋ぎ合わせた大きなものは、イプ・ヘケ(ipu heke)といいます。1つだけで作ったものはイプ・ヘケ・オレ(ipu heke ‘ole)といいます。
イプ・ヘケ・オレを作ってみました。イプを栽培、イプの中の種を取り出す作業、イプを乾燥させるのは、自分ではやりませんでしたが、そこから先を自分でやりました。 
まずは、海水でイプを洗いました。海水で表面の薄い皮をふやかして、タワシでゴシゴシと洗い落としました。ツルツルになったら、タオルで拭いて、乾かして、ココナッツ・オイルを塗りました。

washing ipu

 
イプのくびれた首のところに穴を1つ開けて、そこにロープを入れて、手首が入るぐらいの輪を作ります。出来上がったイプ・ヘケ・オレを打っているときに、イプを持つ手を滑らせて落としてしまわないように、片手をその輪に通しておきます。
キー(ティー)の葉の芯を取って、熱を加えてしんなりとさせたものを、三つ網みしながら、短く切った生の葉を編みこんでいきました。イプのくびれた首のところを飾るためです。

making kupe'e

 
それをイプに付けると、こんな風に出来上がりました。緑の葉だけでもすてきですが、少し枯れかけて黄色くなったものや、茶色い斑点がついたものも味があっていいです。

ipu heke 'ole

 
イプ・ヘケ・オレは、たとえば、「ウ・テ・ウ・テテ」と打ちます。「ウ」は手のひらの手首に近い部分(足でいえばかかとの部分)で、イプの底を打ちます。「テ」は親指以外の指でイプの側面を打ちます。
昔も今も変わらない楽器、目を瞑って、イプ・ヘケ・オレの音を聞いて、創造力を働かせれば、昔のハワイにタイムスリップできる感じです。


2009-02-11 | Posted in ハワイの文化6 Comments » 

コメント6件

 Lilikoi | 2009.02.12 13:52

SECRET: 0
PASS: 0f0c243f0e8881b92bd514af045ddb5e
何年前かは、イプを持って踊った事があります。
あ~~懐かしい(#^.^#)
自分で作れたら良いですね(^_-)-☆
一度ひょうたんを育てた事がありますが
腐らせてしまいました(泣)
またチャレンジしてみたいです(#^.^#)

 mami | 2009.02.13 1:35

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
とってもバランスがよくてきれいな形のイプですね。
ティーの葉っぱで飾られていてとっても素敵です。
最近、フラでイプを叩いていないのですが、急に叩きたくなりました(笑)
手作りのイプ、ぜひ作ってみたいです。

 Kumiko | 2009.02.13 2:15

SECRET: 0
PASS: b4dee3df511b5ce2d6630c4d13a9beae
イプを自分で育てたヒョウタンで作るると、益々愛着がわくでしょうね。

 Kumiko | 2009.02.13 2:16

SECRET: 0
PASS: b4dee3df511b5ce2d6630c4d13a9beae
私は、フラをやっていないので、せっかく作ったイプ、飾っているだけなので、もったいないですよねえ。

 SHOTA | 2009.02.20 0:27

SECRET: 0
PASS: 5585d37cc32c56c471704fe6bbccd8f3
ハワイ島が恋しくなると,僕の子供であるイプを叩いてます♪
イプを叩いていると,ハワイ島での思い出がよみがえって来ます☆
ハワイ島楽しかったなぁ~。。。

 Kumiko | 2009.02.20 2:21

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
イプを叩きながらハワイ島を思い出すのって、素敵ですね。

Comment





Comment