植物

ハワイ島フアラーライ山のコオコオラウ

キク科(Asteraceae)センダングサ属(Bidens)は、日本では雑草です。種が衣類にくっつく「ひっつき虫」のひとつです。世界中に分布している草花ですが、ハワイ固有のものが何種かあります。木質化していて4メートルぐらいに成長するものもあります。ハワイ語ではコオコオラウ(ko’oko’olau)と呼びます。

Bidens micrantha 1

コオコオラウの一種であるBidens micranthaは、ラーナイ島とマウイ島ウエスト・マウイの標高150-1500mの雨が多めの環境、マウイ島ハレアカラーの標高750-2300mの乾燥林や亜高山低木地帯、ハワイ島フアラーライ山の西側に面した標高50?150m(?600m)の乾燥林や低木地帯に分布している種です。 花は良い香りがします。
この3枚の写真のコオコオラウは、ハワイ島フアラーライ山のもので、Bidens micrantha ssp. ctenophyllaという亜種です。

Bidens micrantha 2

 希少な植物なので保護してあげないといけないです。この写真の固体は育てているものです。

Bidens micrantha 3

キーラウエアのコオコオラウを見る
マウナ・ケアとマウナ・ロアのコオコオラウを見る


2009-09-11 | Posted in 植物No Comments » 
Comment





Comment