未分類

ジャクソンカメレオン

Female Jackson's Chameleon

ケニアやタンザニア原産のオオジャクソンカメレオン(Yellow-crested Jackson’s Chameleon, Chamaeloeo jacksonii xantholophus)。
1972年にオアフ島カネオヘのペットショップのオーナーによって販売目的で輸入されたそうです。カネオヘに届けられたばかりのカメレオンは痩せて脱水症状が出ていたので、オーナーはカメレオンを裏庭に放ったそうです。それがどんどん繁殖しました。現在はオアフ島だけでなく、マウイ島、カウアイ島、ハワイ島にも繁殖しています。ペット貿易のためにカメレオンが乱獲されていたケニヤでは1981年にカメレオンの輸出が禁止になったそうです。
体長はしっぽも含めると平均25.4センチ、大きな雄は30センチを超えるそうです。雌は雄よりも小さめです。雄にはは3本の角がありますが、雌にはありません。
ハワイの生態系にどのような被害を及ぼしているのでしょうか。ハワイ固有の希少な虫達も食べてしまっているのではないでしょうか。


2010-01-13 | Posted in 未分類No Comments » 
Comment





Comment