地元社会のために

アフプアア: 持続可能な社会 2

Huaka‘i ‘Āina Ho‘oilina:
Exploring the Lands that Sustain Us
Kamehameha Schools

Chapter 2, Koa Reforestation of the Big Island

Koa Reforestation of the Big Island from Kūlia I Ka Nu‘u on Vimeo.
Malama i ka āina
土地を管理する

カメハメハ・スクールズが所有するケアウホウ牧場は、ハワイ島ハワイ火山国立公園に隣接しています。このマウナ・ロアの東側に面した34000エーカー(約137平方キロメートル)の土地は元々森林地帯でしたが、1800年代初期から牧場経営のために森林が伐採され、牛だけでなく、野ブタや野ヤギによる食害を受けました。森林がなくなったことにより、そこに生息していた鳥や昆虫たちもいなくなってしまいました。1970年代後半から少しづつ森林再生が始まったそうですが、過去約20年はその努力が強化されたようです。 コアの木やその他のハワイ固有植物が植えられています。 “E ulu i ka lani”  コアの木が早く天を仰ぐように大きく育ちますように。 

スリー・マウンテン・アライアンス(Three Mountain Alliance)について


2010-07-02 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 
Comment





Comment