旅行記

カウアイ島とのランデブー 2日目 (その2)

Akoko 
 
前の日に入ることができなかったキーラウエア岬国立野生生物保護区へと向かいました。アココ(’Akoko, Chamaesyce arnottiana) の花がたくさん咲いていていました。花は小さくて目立たないのですが、とても良い香がします。トウダイグサ科ニシキソウ属です。
Wedge-tailed Shearwater
アココなどの茂みの下の地面で見かけたウアウ・カニ(オナガミズナギドリ)。卵を暖めていました。目の前の卵は他の親鳥が放置していった卵のようです。この辺にはウアウ・カニ(オナガミズナギドリ)の巣があちこちにあります。
Hill covered with Red-footed Boobies

岬から見える丘は白い斑点だらけのように見えました。アー(アカアシカツオドリ)がいっぱいなのです。素晴らしい。

Red-footed Booby in flight

これはアー(アカアシカツオドリ)が飛んでいるところ。

Red-tailed Tropicbird

コアエ・ウラ(アカオネッタイチョウ)もたくさん飛んでいました。求愛の空中ダンスは何度見てもあきません。

Frigatebird

イヴァ(オオグンカンドリ)は他の海鳥が口にくわえている餌を横取りする海賊のような鳥なのですが、悠々とかっこよく飛ぶ姿を観ていると憎めない鳥です。

Laysan Albatross 
遠くで見えにくい場所なのだけれど、見れて嬉しいモーリー(コアホウドリ)。1977年からこの地域で巣を作るようになったそうです。この国立野生生物保護区の周りは犬などの侵入を防ぐためにフェンスで囲んであります。
Pair of Nene

そして最後にネーネー(ハワイガン)。草を食べる姿も、飛ぶ姿も両方見ることができました。

Kauai Coastal Area 
ホテルへの帰り道、アオイ科のイリマの花が咲く海辺に立ち寄りました。 海辺のサイクリング、とても気持ちよさそうでした。

2010-08-02 | Posted in 旅行記No Comments » 
Comment





Comment