旅行記

カウアイ島とのランデブー 3日目 (その1)

Wiliwili 1 
前の日にハワイ固有のデイゴが咲いているのを見かけたので、
どうしても写真が撮りたくて、朝一番に出かけました。
Wiliwili 2 
ハワイ語ではウィリウィリ
私が大好きな植物のひとつです。
Wiliwili 4
散ったったばかりの花もありました。とても綺麗な朱色。
私がいつも見ているハワイ島のウィリウィリの花の色と同じ。
Wiliwili 3 
薄い緑色の花もたくさん咲いていました。
とても綺麗な色です。
Wiliwili 5 
この写真に写っている葉はキアヴェという外来植物のもので、
ウィリウィリの葉ではありません。

追記: キアヴェ(Kiawe)は、コロンビア、エクアドル、ペルー原産の乾燥地帯を好むマメ科植物です。(Prosopis pallida) 1828年にオアフ島ホノルルのカトリック教会のバシュロ神父がパリからキアヴェの種を持ち帰り、教会の隅に植えました。 1832年には実がなり始め、その一本の木から繁殖が始まり、現在では60700ヘクタール (150,000エーカー)を超える範囲に繁殖しています。


2010-08-06 | Posted in 旅行記No Comments » 
Comment





Comment