植物

ウィリウィリの棘

conical prickles on Wiliwili

この写真は若いウィリウィリErythrina sandwicensis マメ科デイゴ属の落葉高木)の枝です。棘が生えています。通常、花の最盛期には葉がありません。 この写真を撮ったときには葉がありました。写真の背景に少し葉が見えています。


2011-02-09 | Posted in 植物3 Comments » 

コメント3件

 “My”アフィリエイトスカウト事務局 | 2011.02.11 20:35

SECRET: 1
PASS: 3049a1f0f1c808cdaa4fbed0e01649b1
突然のご連絡失礼いたします。
“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。
私はNTTコミュニケーションズが運営する“My”アフィリエイトの広告プログラムを優良サイト様へご紹介する活動をしております。
貴サイトを拝見し、読んだ方が旅行に行きたくなるようなサイトだと感じました。
ぜひ旅行に関する人気の広告バナー掲載にご協力いただけないでしょうか。
詳細をご覧いただいてからご判断いただいて構いません。
特別報酬もありますので、ご興味がございましたら以下のURLから詳細をご確認いただければ幸いです。
http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
※申込フォームには下記の情報をご入力ください。
エントリーコード『177』 、サイトURL『http://hawaii4u2c.blog63.fc2.com/』
※2/23までに広告掲載にご協力いただいた方が特別報酬の対象となります
この度の連絡で不快な思いをされた方には大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。

 みゆ吉 | 2011.02.12 7:38

SECRET: 0
PASS: 413d582c6cafdb24f0277394c3bcd7a4
花の時季に葉が落ちる木は珍しいのではありませんか?
いや、ハワイは常夏なので、そういう木もあるかもしれませんね?

 Kumiko | 2011.02.12 8:38

SECRET: 0
PASS: b4dee3df511b5ce2d6630c4d13a9beae
野生の固体は、雨が少ない乾燥した時期(夏)が始まると落葉して花が咲き始めます。乾燥した環境の種で、冬の雨が多めの季節に葉をたくさんつけて力を蓄え、夏になると子孫を残すために全力を尽くして花を咲かせるのでしょうか。鳥に受粉をしてもらい(今では外来種の鳥の場合が多いかも)、鞘をつけ、冬の渡来とともに大雨が降ると真っ赤な種が鞘から落ちて発芽し、乾季が始まる前に1メートルほどに成長します。

Comment





Comment