未分類

「ハワイのより深くを知りました!」

Kilauea Rainforest 120412

<<伊東毅さん・矢代武士さん・井上康平さんからのお便りです。>>
Hawaii Nature Explorers
長谷川久美子様
ありがとうございました。まさに感謝の極みです!12月3日・4日とお世話になりました、知床の伊東、矢代、井上です。今回の旅行は素晴らしい体験でした。
旅行の計画段階から長谷川さんには色々とご相談にのって頂き、バスの時刻表の事や、井上の荷物がヒロ空港に届かないというハプニングにも対応をして頂いて、申し訳ないやら情けないやらで…本当に助けられました。時差ボケの残る中で優しく迎え入れて頂いて、素敵なお家と、笑顔も素敵な旦那様、南国を想わせる素敵な朝食、特に矢代はよほど感動したのか朝食のフルーツの事を旅行中に思い出してはずっと言っていましたよ。基本的にテント生活でしたし、あの朝は確かに煌いていました。僕も思います。
今回の旅行が最初から最後まで楽しいものであったのも、長谷川さんのお陰だと”まとまりのない”3人ですが、それは共通の意見でした。
そして、もちろんエコツアーをとおして”ハワイの自然の見方”を教えて頂けた事が僕らにとって一番大きかったと思います。おそらく「ハワイ島」を訪れる”前”に「カウアイ島」のトレッキングをするような順番であったならば、これほど深く自然に触れることはできなかったでしょう。
火山活動によって生まれて力強くも繊細に変わっていく命と広がる景観。何百万年という歳月の中で繰り返し繰り返し巡ってきた命と削られた景観。ハワイ島とカウアイ島でそれらを感じました。黒く固まった溶岩の大地に咲くオヒアレフアの鮮烈な赤い花が印象に残っています。それは今まで見たことのない美しさのある風景でした。
また、外来種と在来種の関係性は、最近では日本でも外来種の問題が議題にあがりますが、そんなレベルではないくらいに日常としてあることに驚かされました。
やはり世界は広いですね。それは自分の目で見るからこそ知ることができました。テレビやインターネット等で、果ては月や火星の地表や深海の様子を誰でも当然のように見ることのできる時代に生きている僕たちですが、かえってそれが世界を狭くしているようにも思えます。画面をとおして見ただけで、そこに行ったような気持ちにもなる、何かを知ったような気持ちになる、満足感、達成感、それは表層だけの。腐葉土だって地中深く分解されていく中でのエグさやグロさといったものが大切だったたりするわけで、…なんて伝わりづらいですよね(笑)。申し訳ありません。ただ、僕はそんな深いトコロに面白さ・美しさ・真実があるように思うのです。
長谷川さんのもつハワイの自然への愛、ハワイに暮らす人々への愛を、短い時間ではありましたが感じることができました。僕らも知床の自然・人への愛をご案内をさせて頂いたお客様に伝えられるガイドをしようと再確認しました。互いにまったく違う環境でガイドをしておりますが、一人でも多くの方にその地や自然の魅力を伝えていけるよう活動していきましょう!僕も頑張ります!
ありがとうございました。

Breakfast 120412

2012-12-04 | Posted in 未分類Comments Closed