地元社会のために

アフプアア: 持続可能な社会 6

Huaka‘i ‘Āina Ho‘oilina:
Exploring the Lands that Sustain Us
Kamehameha Schools

Chapter 6, Sacred Places: Ke‘eku Heiau Restoration, Keahou

Sacred Places: Ke‘eku Heiau Restoration, Keahou from Kūlia I Ka Nu‘u on Vimeo.

ハワイ島のケアウホウ(Keauhou)とカハルウ(Kahalu’u)の間の海沿いの土地には1000箇所以上の聖地があるそうです。
過去約200年の間に、地震やハリケーンや津波などにより崩壊されてバラバラに崩れていた、カハルウ湾の南にあるハパイアリイ・ヘイアウ(Hapaiali’i Heiau)の修復は、2007年の12月(作業が始まってから6ヶ月後)に完成しました。このヘイアウは1400年代に造られたものであろうと推測されています。復元が完成してから発見されたことは、このヘイアウの中心の石から日没を見ると、冬至にはヘイアウの南西の角の方角に、春分には西側の中心に、夏至には北西の角に太陽が沈むということです。
ハパイアリイ・ヘイアウの隣にはケエク・ヘイアウ(Ke’eku Heiau)があります。このヘイアウでは人が生け贄にされていました。マウイ島の酋長カマララヴァウ(Kamalalawau)は、コナとコハラへの侵入に失敗し戦いに破れ、殺害されてこのヘイアウの生け贄とされました。このヘイアウの南西の角のあたりに、この出来事を描いものであろうと言われるペトログリフがあります。


2010-07-12 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 

 

アフプアア: 持続可能な社会 5

Huaka‘i ‘Āina Ho‘oilina:
Exploring the Lands that Sustain Us
Kamehameha Schools

Chapter 5, Keepers of the Flame, Sumida Watercress Farm

Keepers of the Flame, Sumida Watercress Farm from Kūlia I Ka Nu‘u on Vimeo.

スミダ・ウォータークレス・ファーム(Sumida Watercress Farm)はオアフ島のエヴァというモクのカラウオア(Kalauoa)というアフプアアにあります。そこはカララウという泉(Kalalau Springs)が湧き出しています。その昔、先住民たちがタロイモを栽培していたところであり、後に稲作が行われたそうです。1928年よりMoriichi Masudaさんと奥さんのMakiyoさんがビショップ財団(現在はカメハメハ・スクールズ)からこの10エーカー土地を貸借して、このクレソン農園を始めたそうです。
パールリッジ・ショッピング・センターの開発で、この農園を失いそうになったときに、2代目のMasaru Masudaさんの猛反対によりこの農園が守られました。2代目のMasudaさんは2003年にお亡くなりになり、現在は3代目のDavid Sumidaさんと、Barbaraさんが農園の経営を引き継いでいます。
開発により、ほとんどの泉がなくなってしまっていますが、このように残された泉は大変貴重なものだと思います。 水は大切な資源です、今後も守り続けられますように。

Ahupuaa of Oahu 

2010-07-09 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 

 

アフプアア: 持続可能な社会 4

Huaka‘i ‘Āina Ho‘oilina:
Exploring the Lands that Sustain Us
Kamehameha Schools

Chapter 4, Waipā Foundation on Kauai

Waipā Foundation on Kauai from Kūlia I Ka Nu‘u on Vimeo.

ワイパー(Waipā)はカウアイ島のハレレア(Halele‘a)というモク(moku)にあるアフプアア(ahupua‘a)のひとつです。ハレレアとはハワイ語で幸せな家という意味で、ワイパーとは触れられた水という意味です。ワイパア(Waipa‘a)と書かれることもあるそうで、その場合はせき止められた水という意味です。ワイパー川が海に流れ込む場所がしばしば砂でせき止められることがあるのが名前の由来ではないかと言われています。ワイパーでは古来よりタロイモが栽培され、魚が養殖されていました。水と命の神であるカーネ(Kāne)のための神殿ハラロア・ヘイアウ(Halaloa Heiau)があります。
この1600エーカー(約647ヘクタール、約6.47平方キロメートル)のワイパー・アフプアアは、ハレレアの他のアフプアアに比べると小さ目です。ワイパーも他の地域と同じく、西洋人の渡来後たったの200年余りの間に、人々の生活にも自然にも大きな変化が起こりました。まず病気のために多くの先住民が命を失いないました。
ハワイではもともと土地は個人が所有するものではなく、全ての土地は王または酋長のものでした。それぞれのアフプアアで自給自足であり持続可能な暮らしをしていまし。それが1848年(カメハメハ三世の時代)に制定されたグレート・マヘレという土地の分配法により、23.8%の土地が王領となり、39.2%が245人の族長の間で分配され、37%が官有地となりました。ワイパー・アフプアアはカメハメハ一世の孫娘のひとりであったプリンセス・ルース・ケエリコラニ(Ruth Ke’elikolani,1826-1883)の所有地となりました。1883年にプリンセス・ルースの財産は従姉妹であったプリンセス・バニース・パウアヒ・ビショップ (Princess Bernice Pauahi Bishop, 1831–1884)に相続され、同年にプリンセス・バニース・パウアヒは、ハワイの子供たちを教育するための学校の設立を指図しました。プリンセス・バニース・パウアヒが生まれた1831年には、ハワイにおける先住民(ハワイアンの血を引く人たち)の人口は約124,000だったそうですが、亡くなられた1884年ごろには約44,000人以下に減少してしまっていたそうです。1848年11月には、オアフ島のコナというモクの6つうちの5つのアフプアア(ワイキーキー、ホノルル、カパーラマ、カリヒ、モアナルア)だけでも、15日間の間に麻疹や百日咳で380人もの死者が出たそうです。
ワイパーでは1860年代まではタロイモの栽培が盛んでしたが、次第に中国人や日本人による稲作が盛んになり、それは1940年代まで続いたそうです。その後、牧畜が営まれるようになり、それは1980年代まで続いたそうです。ワイパーはカメハメハ・スクールズ財団の所有地です。財団によるリゾート開発のプランがあったそうですが、地元の人たちの猛反対により、現在文化が保存され、森林再生も行われています。

Ahupuaa of Kauai 


2010-07-07 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 

 

アフプアア: 持続可能な社会 3

Huaka‘i ‘Āina Ho‘oilina:
Exploring the Lands that Sustain Us
Kamehameha Schools

Chapter 3, Keauhou Bird Conservation Center

Keauhou Bird Conservation Center from Kūlia I Ka Nu‘u on Vimeo.
Malama i ka āina
土地を管理する

ハワイ固有の鳥たちの絶滅を食い止めるために設立されたケアウホウ・バード・コンサベーション・センターには、ハワイ島固有で自然界では絶滅してしまったアララー(ハワイガラス)や、マウイ島固有のマウイ・パロットビル(2010年に「キヴィキウ」というハワイ語名がつけられました)や、カウアイ島固有のプアイオヒなどが飼育されています。


2010-07-05 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 

 

アフプアア: 持続可能な社会 2

Huaka‘i ‘Āina Ho‘oilina:
Exploring the Lands that Sustain Us
Kamehameha Schools

Chapter 2, Koa Reforestation of the Big Island

Koa Reforestation of the Big Island from Kūlia I Ka Nu‘u on Vimeo.
Malama i ka āina
土地を管理する

カメハメハ・スクールズが所有するケアウホウ牧場は、ハワイ島ハワイ火山国立公園に隣接しています。このマウナ・ロアの東側に面した34000エーカー(約137平方キロメートル)の土地は元々森林地帯でしたが、1800年代初期から牧場経営のために森林が伐採され、牛だけでなく、野ブタや野ヤギによる食害を受けました。森林がなくなったことにより、そこに生息していた鳥や昆虫たちもいなくなってしまいました。1970年代後半から少しづつ森林再生が始まったそうですが、過去約20年はその努力が強化されたようです。 コアの木やその他のハワイ固有植物が植えられています。 “E ulu i ka lani”  コアの木が早く天を仰ぐように大きく育ちますように。 

スリー・マウンテン・アライアンス(Three Mountain Alliance)について


2010-07-02 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 

 

アフプアア: 持続可能な社会 1

Huaka‘i ‘Āina Ho‘oilina:
Exploring the Lands that Sustain Us

Kamehameha Schools

Chapter 1, Creating the Culture that Thrived: Ahupua‘a

Creating the Culture that Thrived: Ahupua‘a from Kūlia I Ka Nu‘u on Vimeo.

2010-06-30 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 

 

Grounds for Your Garden

Grounds for Your Garden 1

ハワイ島カイルア・コナのスターバックスで見かけたものです。ヒロのスターバックスにもあります。
“GROUNDS FOR YOUR GARDEN” 野菜畑や庭、学校、栽培所にコーヒー粕をどうぞ、ご自由にお持ち帰りくださいって感じのサインです。
私がバケツを覗いてみたときには空っぽでしたが、とてもいいアイデアだなと思いました。コーヒー粕を堆肥に加えると水はけがよくなるなど色々と利点があるそうです。  

Grounds for Your Garden 2

追伸:その後、スターバックスで粕をいただき、我が家の庭の小さなパイナップル畑に利用しました。


2009-11-02 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 

 

‘E Mālama ‘Āina Festival

e malama aina

E Mālama ‘Āina
Sustainability Festival

エ・マラマ・アイナ・サステイナビリティー・フェスティバルは、
持続可能性と環境保全向上を考慮した生活について考えるイベントです。
2008年11月7日・8日
ハワイ島ヒロ
ダウンタウン・ヒロのモオヘアウ・パーク
(Mo‘oheau Park)
オフィシャル・サイトのアドレス:http://malamaainahawaii.org
以下は、ハワイ島群長ハリー・キム氏のこのイベントに関する言葉です。

 


2008-08-25 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 

 

Fundraiser

car wash

私が住んでいるハワイ島ヒロでは、週末になるとスーパーマーケットの駐車場やガソリンスタンドの駐車場などで「CAR WASH」という手作りのサインをよく見かけます。バレーボールなどのスポーツチームが資金カンパとして車の洗浄をしています。
資金を集めるために、色んなことをします。Car Washもよくありますが、Portuguese SausageやPortuguese Sweet BreadやHulihuli Chickenやお弁当などのチケット(引換券)を売ったり、バザーをやったりもします。
我が家の三女は、1ヶ月ほど前に、自分が所属しているバレーボールのチームのために、お弁当のチケットを、近所を歩き回って売りました。
今日(11月4日、日曜日)はCar Washの日でした。平均13歳のチームなので、親が手伝います。私も手伝いました。午前9時から午後4時までやりましたが、ひっきりなしに車が入ってきました。チケットを持ってきた人よりも、チケットなしで来た人の方が多かったようです。1台につき6ドルを寄付金として受け取るのですが、中には10ドル、20ドルと寄付してくれる人がたくさんいました。
Fundraiserによって集めた資金で、ユニフォームを買ったりします。三女のチームは、オアフ島で行われる試合などに出るために、遠征のための旅行費を集める努力をしています。来週末はトーナメントでの食べ物の販売と後片付けをやります。その次はクリスマス前にkalua porkの販売をやろうか・・・と考えているようです。


このブログは、ハワイ島でエコツアーを案内するHAWAII NATURE EXPLORERSの、ハワイの地域社会についての理解を深めるための取り組みのひとつです。緑豊かなヒロよりアロハをこめて発信しています。


2007-11-04 | Posted in 地元社会のために2 Comments » 

 

KTA’s Kokua i Na Kula Program

Kokua i na kulaハワイ島のスーパーマケットKTAでは毎年約2ヶ月間Kokua i Na Kulaというプログラムを実施しています。Kokua i Na Kulaとはハワイ語で学校に協力するという意味です。

KTAとKraft Foods, Dreyer’s, Tombstone Pizza, Nabisco, Frito-Lay of Hawaii, Kimberly-Clark, Hawaiian Sun, PepsiPepsicoの協同によるプログラムで、計10万ドルがハワイ島の学校に授与されます。

ポイント制で、1つの商品につき1ポイントです。以上のブランドの特定ほ商品(黄色と赤のKokua i Na Kulaのステッカーが目印です。)を買うと、レジで支払う時に、どの学校のためにポイントを寄付するかを店員に伝えます。期間が終わると、ポイントが計算され、どの学校に10万ドルの何パーセントが授与されるかが決まります。

このプログラムは1994年に始まったもので、1994年は計5万ドル、1995年からは計7万5千ドル、1998年は計8万5千ドルとなり、1999年からは計10万ドルとなりました。この寄付金は学校の改善のために役立ちます。   


 このブログは、ハワイ島でエコツアーを案内するHAWAII NATURE EXPLORERSの、ハワイの地域社会についての理解を深めるための取り組みのひとつです。緑豊かなヒロよりアロハをこめて発信しています。


2007-09-20 | Posted in 地元社会のためにNo Comments »