“The Endangered Forest Birds of Hawaii”

カウアイ島の絶滅危惧種の森の鳥たちを保護するための努力に関するビデオです。カウアイ島のツグミ「プアイオヒ」、ハワイミツスイの「アキキキ」(現在の個体数は約450)と「アケケエ」(現在の個体数は約950)の3種です。

「アキキキ」と「アケケエ」は2010年に絶滅危惧種に加えられました。ノブタの侵入がないように森林をフェンスで囲んで保護し、ノネズミ退治をし、外来植物の駆除もします。2015年から、10~15メートル平均50時間もかけて巣を探し、17ミリ程度の小さくデリケートな卵を採集し、飼育の努力も行っています。飼育センターでの個体数が十分な数に達したら放鳥が始まります。

「プアイオヒ」の同じようは飼育・放鳥プログラムは上手くいき、これまで何百羽ものプアイオヒが放鳥されました。

このビデオでは、ハワイ島の絶滅危惧種(野生絶滅)のカラス「アララー」のことも学ぶことができます。人間がハワイ諸島に移住してくるまでは、約5種のカラスがハワイ諸島に棲んでいたということが分かっています。現在112の成鳥が飼育センターにいます。今年放鳥された若い5羽のうち3羽は死んでしまいましたが、今後の放鳥プログラムの成功を祈っています。

The Endangered Forest Birds of Hawaii from Hawaii DLNR on Vimeo.


2017-01-30 | Posted in BLOG, 自然保護, No Comments » 

 

アララーの自然界に戻る第一歩

2002年に最後の野生のアララー(ハワイ固有のカラス、ハワイガラス)が姿を消してしまってから、当時飼育下のアララーの繁殖を進め、やっと今年12月14日に今年産まれた雄5羽をが自然界に放鳥されました。飼育されたアララーが放鳥されるのは1990年代ぶりです。30年以上自然環境保護したハワイ在来種植物が自生する森林に放鳥されました。そこはハワイ固有の鳥が12種生息している森林です。そこに順応して定着できますように!

アララーの遠い親戚にあたる南太平洋のニューカレドニアに生息するカレドニアガラスと同じように、アララーは道具を使って獲物を捕まえます。隔たれた島いう環境での共通した進化なのでしょうか。
_____

追記

残念ながら、放鳥されてから2週間内に、5羽のうち3羽は死んでしまったそうで、残りの2羽は、屋外に作られた檻に戻されました。


2016-12-23 | Posted in BLOG, No Comments » 

 

ハワイガン「ネーネー」の季節移動

nene-travel-routes-lrg2

ネーネー(Branta sandvicensis)はハワイ固有のガン。2006年には全島合わせて約1600羽、2011年には約2000羽と聞きいてましが、今年7月13日のヒロの新聞(Tribune Herald)には、現在2500羽以上いると書かれていました。1950年代には絶滅寸前だったネーネーですが、保護の結果やっとここまで増えました。ネコやマングースやネズミなど、ネーネーにとってよくない問題は、今でも色々とあるのですが、更なる研究により、ハワイ島内での季節によるネーネーの移動パターンがわかったので、このデータがネーネーの移動経路や生息地の環境保全に大いに役に立っています。


2015-07-25 | Posted in BLOG, 自然保護, No Comments » 

 

Wings of the Albatross


2014-04-16 | Posted in BLOG, No Comments » 

 

Flight of Alala


2014-02-08 | Posted in BLOG, No Comments » 

 

アフリカ・ウガンダのバード・ポッドキャスト

NFA-birdpodcast-En-logo

北海道知床の自然ガイド田中加奈子さんが、2012年6月よりアフリカのウガンダで国家森林機構エコツーリズム部門で活躍していらっしゃいます。ウガンダの森林保護区のエコツーリズム支援のボランティア活動をされているそうなのですが、そのひとつが鳥のさえずりとその生態を紹介するポッドキャストです。(日本人女性が海外で活躍していらっしゃる話を聞くととても誇らしく思います。)

ウガンダは日本の野鳥図鑑に載っている倍の種類の鳥が観察されており(1060種類の野鳥が観察されている)、世界的にも珍しい鳥が見られるスポットに比較的アクセスよく出かけることができるそうです。鳥の楽園です。

でも、そこに住む人々は森はあってあたりまえのものと考えていて、森林伐採が進行しており、森林を生かすという考え方がなかなか広まらないそうです。このままでは鳥の楽園がなくなってしまいます。

ハワイの島々の森林が、たったの200年ほどの間に、サトウキビ・プランテーションや牧場のために伐採され、多くの植物や鳥たちが絶滅してしまい、残った種も絶滅に瀕する種となってしまったものが多いという悲しい例のようにならないように、ウガンダの森林が保護され、うまく活用されるように願います。

このポッドキャストは、ウガンダの地元の人たちに少しでも森を利用している生き物として鳥のことを知ってもらい、まずは楽しんでもらうために、そして世界中の人たちにウガンダの自然とその魅力を知ってもらうために始まった番組です。

英語版 http://nfa-bird-podcast.blogspot.com/
日本語版 http://nfa-bird-podcast-jp.blogspot.com/


2014-01-18 | Posted in BLOG, 自然保護, No Comments » 

 

Maui Parrotbill Conservation


2014-01-08 | Posted in BLOG, No Comments » 

 

共進化

Iiwi and a mint flower

ハワイ固有のハワイミツスイの一種イイヴィのくちばしと、ハワイ固有のミントの一種の花は、ぴったりとマッチした形です。共進化の素晴らしい一例です。この写真はたまたまツアーの参加者がバッグに入れていたハワイアン航空の機内誌と、ちょうどタイミングよく咲いていた花を合わせて撮った写真です。


2014-01-02 | Posted in BLOG, Gallery, No Comments » 

 

日本の鳥550 水辺の鳥

日本の鳥550 水辺の鳥 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
(2009/05/22)
桐原 政志、山形 則男 他この本の詳細を見る

2013-07-15 | Posted in BLOG, お勧めの和書, No Comments » 

 

日本の鳥550 野山の鳥

日本の鳥550 山野の鳥 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
(2004/04/30)
五百沢 日丸、吉野 俊幸 他商品詳細を見る
この一冊をみて、外来種がとても少ないことにびっくり!ハワでイは外来種の鳥のほうが圧倒的に多くなってしまっています。在来種の鳥達はほんの限られた場所にしか生息できなくなってしまっています。残った環境を保全し、その範囲を少しずつでも増やしていってあげたいです。

 


2013-07-08 | Posted in BLOG, お勧めの和書, No Comments »