その他

ハワイメンハナバチ


アメリカ本土では、ヨーロッパ原産のミツバチではなく、自然界に生息する在来の送粉者(花粉媒介者・授粉者)の存在の大切さ、種の多様性の大切さについての考えが強くなっているようです。農場とそのの周囲の環境が、在来種にとって良い環境となるように工夫されるようになってきたそうです。

世界一孤立した海洋島であるハワイ諸島では、たったの1種しかハチは定着していませんでした。ハワイメンハナバチはたったひとつの祖先種から、63種もの固有種に分化したハワイ固有種。世界中のメンハナバチの10パーセント占めています。海岸線から海抜3000メートルの環境まで、雨が多い環境から少ない環境まで、様々は環境に分布していました。それぞれの環境の植物の送粉・受粉してしてくれる大事な存在です。日本のメンハナバチに近い種だそうです。2016年10月にハワイメンハナバチ(a yellow-faced bee, Hylaeus)63種のうちの7種が絶滅危惧種に指定されましたが、これはアメリカ合衆国でハチが絶滅危惧種として指定されるのは初めてのことです。ハワイ固有植物とハワイメンハナバチは依存しあっているので、どちらも保護しなくてはなりません。この写真は、今月の新聞記事の一部。ナウパカにとまっているハワイメンハナバチ。

外来種であるミツバチは、同じ植物の蜜を取りますが、長い舌で蜜を取るので、受粉はしてくれません。また花に穴をあけて蜜を取るので、蜜だけを取って受粉してくれません。盗蜜者です。ミツバチがハワイ(オアフ島)に持ち込まれたのは1850年代。1890年代には、牧場の牛に食べさせるための飼料として南米原産のキアヴェという木が用いられえるようになりました。キアヴェが実をたくさんつけるように、受粉者としてミツバチが利用され、キアヴェの森がどんどん広がっていきました。同時に、キアヴェのハチミツが商業的に生産されるようになりました。なるほど・・・確かに、ハワイ島の西海岸はキアヴェが多い外来植物だらけの環境になっています。マウイ島もかなり広い範囲にキアヴェが繁殖しています。在来の植物にとっても、メンハナバチにとっても迷惑な話です。別の環境では、ストロベリーグアヴァの繁殖が問題になっていますが、ミツバチによる受粉が原因のひとつのようです。

ハワイにおける、外来種であるミツバチは、私たちが食べる野菜や果物の作物種の受粉をしてくれ、おいしいハチミツも作ってくれるけれど、ハワイの自然環境にとっては害にもなるので、バランスよく共存できる程度の繁殖でありますように。

下の写真は、最近私が撮ったもの。ハワイ固有のコットン「マオ」の花にとまっているメンハナバチ。現在は外来種のメンハナバチがハワイに定着しているそうなので、この写真のものは、どうかな。固有種でありますように。


2017-03-05 | Posted in その他No Comments » 

 

ハワイアン航空、羽田からハワイ島コナへの直行便

2016年12月21日から、羽田からハワイ島コナへのハワイアン航空の直航便(週に3便)がスタートしました。

ハワイ州観光局作成のこのビデオには、ハワイ島のエッセンスが含まれています。


2016-12-22 | Posted in BLOG, その他No Comments » 

 

【地球とともに暮らす人々のおはなし no.11】多くの教えを与えてくれた、ハワイ島の自然

header_logo

ハワイ固有種は、結構こだわりを持っている。私も仕事にこだわりを持っている。似ている点があります。ハワイの自然が多くのことを教えてくれ、私を支えてくれました。今回、ハワイ・ライフスタイル・クラブさんの【地球とともに暮らす人々のおはなし no.11】に、自然を解説することを仕事にしている私のことを少し書かせていただきました。http://hawaiilifestyle.jp/note/?p=10227

 


2016-09-20 | Posted in BLOG, その他No Comments » 

 

アメリカ合衆国国立公園局、設立100周年

centennial_npf_logo_web

今年2016年の8月25日、アメリカ合衆国国立公園局(National Park Service, NPS)の設立100周年を迎えます。

アメリカ合衆国国立公園局は、国立公園システム(Natioinal Park System)を所管しているアメリカ合衆国連邦政府の政府機関の一つです。国立公園システムには、国立公園は59箇所以外に、国立歴史公園などその他のタイプがあり、全て合わせると現在410ユニットぐらいあるみたいです。

国立公園システムの100周年であると同時に、ハワイ火山国立公園(Hawaii Volcanoes National Park)も100周年を迎えます。


2016-02-16 | Posted in BLOG, その他No Comments » 

 

Earth Wind Map

safe_image

アメリカ国立気象局の気象データを可視化して、地球に吹いている風の流れをリアルタイムで見ることができるサイト
“Earth Wind Map”
An animated map of global wind, weather, and ocean conditions.
http://earth.nullschool.net/

 


2014-08-14 | Posted in BLOG, その他No Comments » 

 

「理系女子のためのグローバルツアー・2014年夏ハワイ島4泊6日」

今年の夏はハワイ島でサイエンスしませんか? ボストンツアーの主催でおなじみのハバタク株式会社がプロデュースするリケジョのためのハワイ島のサイエンスツアーです。

140602_globaltour_01


2014-05-31 | Posted in BLOG, その他, エコツーリズムNo Comments » 

 

The Great Hawaii ShakeOut “Drop! Cover! Hold on!”

image1-194

10月17日午前10時17分は、「The Great Hawaii ShakeOut」という地震に備える訓練が行われます。シェイクアウトは、2008年に地震が多い米国カリフォルニア州で始まったもので、現在では世界中で行われています。

地震の揺れから身を守る3つの緊急時の行動 「Drop! Cover! Hold on!」。家具の転倒や落下物に備えて、しゃがんで姿勢を低く保つ、体と頭を守る、揺れがおさまるまで待つ。

The Great Japan ShakeOut


2013-09-30 | Posted in その他No Comments » 

 

VMAP 「ヴォッグ測定値と予報」

Vog Model 
ヴォッグ(vog)は、火山性スモッグ(volcanic smog)。1983年より続いているキーラウエアのリフト・ゾーン噴火に加え、2008年から続いている山頂での活動により、大量の二酸化硫黄が風下の地域に影響を及ぼしています。キーラウエア近辺だけでなく、西側にあるコナ地区にも、他の島々にもです。 
ハワイ大学マーノア校の海洋・地球科学・テクノロジー学部(The School of Ocean and Earth Science and Technology at The University of Hawaii at Manoa) による「VMAP Vog Measurement and Prediction Project」というサイトで、現在のヴォッグの測定値と予報を見ることができます。
ハワイ大学マーノア校の気象学科(University of Hawaii at Manoa, Department of Meteorology)のサイトでもハワイ諸島における現在のヴォッグ・エアロゾル排出量(Current Vog Aerosol Output – Hawaiian Islands)を示したマップを見ることができます。


2011-03-11 | Posted in その他2 Comments » 

 

アーキア

Akia flowers

ジンチョウゲ科(Thymellaceae)ガンピ属のアーキア(Wikstroemia sandwicensis)は、ハワイ島の固有種で、乾燥林にも雨林にも生える低木です。樹皮の繊維は強く、ロープに用いられました。
小さな黄色い花を咲かせます。夜になるととてもよい香りがします。虫媒花です。真っ赤な実は直径5?8ミリです。

Akia fruit
ジンチョウゲ科ガンピ属(Wikstroemia)は、ハワイには12種あり、全て固有種です。

 


2009-07-15 | Posted in その他No Comments »