BLOG

ハワイメンハナバチ


アメリカ本土では、ヨーロッパ原産のミツバチではなく、自然界に生息する在来の送粉者(花粉媒介者・授粉者)の存在の大切さ、種の多様性の大切さについての考えが強くなっているようです。農場とそのの周囲の環境が、在来種にとって良い環境となるように工夫されるようになってきたそうです。

世界一孤立した海洋島であるハワイ諸島では、たったの1種しかハチは定着していませんでした。ハワイメンハナバチはたったひとつの祖先種から、63種もの固有種に分化したハワイ固有種。世界中のメンハナバチの10パーセント占めています。海岸線から海抜3000メートルの環境まで、雨が多い環境から少ない環境まで、様々は環境に分布していました。それぞれの環境の植物の送粉・受粉してしてくれる大事な存在です。日本のメンハナバチに近い種だそうです。2016年10月にハワイメンハナバチ(a yellow-faced bee, Hylaeus)63種のうちの7種が絶滅危惧種に指定されましたが、これはアメリカ合衆国でハチが絶滅危惧種として指定されるのは初めてのことです。ハワイ固有植物とハワイメンハナバチは依存しあっているので、どちらも保護しなくてはなりません。この写真は、今月の新聞記事の一部。ナウパカにとまっているハワイメンハナバチ。

外来種であるミツバチは、同じ植物の蜜を取りますが、長い舌で蜜を取るので、受粉はしてくれません。また花に穴をあけて蜜を取るので、蜜だけを取って受粉してくれません。盗蜜者です。ミツバチがハワイ(オアフ島)に持ち込まれたのは1850年代。1890年代には、牧場の牛に食べさせるための飼料として南米原産のキアヴェという木が用いられえるようになりました。キアヴェが実をたくさんつけるように、受粉者としてミツバチが利用され、キアヴェの森がどんどん広がっていきました。同時に、キアヴェのハチミツが商業的に生産されるようになりました。なるほど・・・確かに、ハワイ島の西海岸はキアヴェが多い外来植物だらけの環境になっています。マウイ島もかなり広い範囲にキアヴェが繁殖しています。在来の植物にとっても、メンハナバチにとっても迷惑な話です。別の環境では、ストロベリーグアヴァの繁殖が問題になっていますが、ミツバチによる受粉が原因のひとつのようです。

ハワイにおける、外来種であるミツバチは、私たちが食べる野菜や果物の作物種の受粉をしてくれ、おいしいハチミツも作ってくれるけれど、ハワイの自然環境にとっては害にもなるので、バランスよく共存できる程度の繁殖でありますように。

下の写真は、最近私が撮ったもの。ハワイ固有のコットン「マオ」の花にとまっているメンハナバチ。現在は外来種のメンハナバチがハワイに定着しているそうなので、この写真のものは、どうかな。固有種でありますように。


2017-03-05 | Posted in その他No Comments » 

 

“The Endangered Forest Birds of Hawaii”

カウアイ島の絶滅危惧種の森の鳥たちを保護するための努力に関するビデオです。カウアイ島のツグミ「プアイオヒ」、ハワイミツスイの「アキキキ」(現在の個体数は約450)と「アケケエ」(現在の個体数は約950)の3種です。

「アキキキ」と「アケケエ」は2010年に絶滅危惧種に加えられました。ノブタの侵入がないように森林をフェンスで囲んで保護し、ノネズミ退治をし、外来植物の駆除もします。2015年から、10~15メートル平均50時間もかけて巣を探し、17ミリ程度の小さくデリケートな卵を採集し、飼育の努力も行っています。飼育センターでの個体数が十分な数に達したら放鳥が始まります。

「プアイオヒ」の同じようは飼育・放鳥プログラムは上手くいき、これまで何百羽ものプアイオヒが放鳥されました。

このビデオでは、ハワイ島の絶滅危惧種(野生絶滅)のカラス「アララー」のことも学ぶことができます。人間がハワイ諸島に移住してくるまでは、約5種のカラスがハワイ諸島に棲んでいたということが分かっています。現在112の成鳥が飼育センターにいます。今年放鳥された若い5羽のうち3羽は死んでしまいましたが、今後の放鳥プログラムの成功を祈っています。

The Endangered Forest Birds of Hawaii from Hawaii DLNR on Vimeo.


2017-01-30 | Posted in BLOG, 自然保護, No Comments » 

 

ホクレア 星が教えてくれる道

現在世界一周航海を続けているハワイの伝統航海カヌー「ホクレア」ですが、ハワイ島からミクロネシアを経由し日本への航海が行われたのは10年前。2007年1月から5か月の航海。日本人初のクルーとしてホクレアで航海した内野加奈子さんの「ホクレア 星が教えてくれる道」を読みながら、色々と深く感じ、考え、感動のあまり、涙がたくさん出ました。

この本には共感することがたくさん書かれていますが、「感覚を研ぎすまし、心を開き、自然とひとつになる。」こともそのひとつです!


2017-01-03 | Posted in BLOG, お勧めの和書No Comments » 

 

“Revitalize Hilo”

今年行われた”Revitalize Hilo” project(ハワイ島ヒロを復興させるプロジェクト)。パブリックアートとサステイナビリティーなどを通して、人々を結び付け、コミュニティーにポジティブな変化を生み出そうという、Temple Childrenによる街を活性化させるプロジェクト。文化を重んじ、環境を保護し、地元産の食材を使うことの大切さを知ることにもなるものです。


Temple Children ‘Revitalize Hilo’ from Martin Film Co. on Vimeo.


2016-12-27 | Posted in BLOG, 地元社会のためにNo Comments » 

 

アララーの自然界に戻る第一歩

2002年に最後の野生のアララー(ハワイ固有のカラス、ハワイガラス)が姿を消してしまってから、当時飼育下のアララーの繁殖を進め、やっと今年12月14日に今年産まれた雄5羽をが自然界に放鳥されました。飼育されたアララーが放鳥されるのは1990年代ぶりです。30年以上自然環境保護したハワイ在来種植物が自生する森林に放鳥されました。そこはハワイ固有の鳥が12種生息している森林です。そこに順応して定着できますように!

アララーの遠い親戚にあたる南太平洋のニューカレドニアに生息するカレドニアガラスと同じように、アララーは道具を使って獲物を捕まえます。隔たれた島いう環境での共通した進化なのでしょうか。
_____

追記

残念ながら、放鳥されてから2週間内に、5羽のうち3羽は死んでしまったそうで、残りの2羽は、屋外に作られた檻に戻されました。


2016-12-23 | Posted in BLOG, No Comments » 

 

ハワイアン航空、羽田からハワイ島コナへの直行便

2016年12月21日から、羽田からハワイ島コナへのハワイアン航空の直航便(週に3便)がスタートしました。

ハワイ州観光局作成のこのビデオには、ハワイ島のエッセンスが含まれています。


2016-12-22 | Posted in BLOG, その他No Comments » 

 

ハワイアン航空のためのシグ・ゼーン・デザイン「アウリッイラニ」

ハワイアン航空のプレミアムキャビンでは、キルトやアメニティー・キットがシグ・ゼーンがデザインした「アウリッイラニ」レフアの花。(‘Auli‘ilani lehua flower pattern) アウリッイとは、小さくデリケートで綺麗な(dainty)、整った(neat)、可愛い(cute)、非常に美しい(exquisite)、素敵な(nice)という意味。ラニは、空(sky)や天(heaven)という意味。


2016-10-08 | Posted in BLOG, ハワイの文化, 植物No Comments » 

 

ハワイ:秋はサメに注意の季節

fullsizerender

 

2016年10月8日のハワイ島ヒロの新聞では、秋にはサメに注意といった内容の記事が載っていました。特に10月は、過去にイタチサメに襲われた件数が多い月だそうです。主に北西ハワイ諸島を生息地としている雌のイタチザメは、4匹に1匹ぐらいの割合で、秋になると南東ハワイ諸島に来て出産するそうです。ハワイ州のサメに関する情報サイト: http://dlnr.hawaii.gov/sharks/

 


2016-10-08 | Posted in BLOG, 海洋生物No Comments » 

 

海洋ゴミ

img_6566-1

海洋ゴミが海岸に打ち上げられるには、地形や海流などの条件がぴったり整っているようで、ハワイ島カラエ(サウスポイント)の近くには、海洋ゴミでいっぱいになる場所があります。

img_6567-2

何年か前に、大量のゴミが、クリーンアップされてスッキリしたのに。行くたびに少しずつ増えてきているなと気になっていました。

今年の8月1日に行ったときには、ちょっと気になる程度でしたが、9月7日には、びっくりするほど多くなっていました。この3枚の写真は、その時のものです。

img_6569-2

トロピカルストーム(ハリケーンの勢力が弱まったもの)が来た後だったので、きっとその影響を受けたのだと思います。

それにしても、海に漂流している大量のゴミは地球規模の問題です。なんとかできないかなあ。

160901_hawaiihurricane

 

ハリケーン・マデリンと、ハリケーン・レスターが、ハワイ島に近づいてきていた時の様子。幸いどちらもトロピカルストームとなって、マデリンはハワイ島の南を通過し、レスターは北西を通過していきました。


2016-09-24 | Posted in BLOG, 自然保護No Comments » 

 

【地球とともに暮らす人々のおはなし no.11】多くの教えを与えてくれた、ハワイ島の自然

header_logo

ハワイ固有種は、結構こだわりを持っている。私も仕事にこだわりを持っている。似ている点があります。ハワイの自然が多くのことを教えてくれ、私を支えてくれました。今回、ハワイ・ライフスタイル・クラブさんの【地球とともに暮らす人々のおはなし no.11】に、自然を解説することを仕事にしている私のことを少し書かせていただきました。http://hawaiilifestyle.jp/note/?p=10227

 


2016-09-20 | Posted in BLOG, その他No Comments »