旅行記

マウイ島への旅

Kahoolawe viewed from Maui

7月にハワイ島からマウイ島へと旅に出かけました。ヒロ空港を発ち、飛行機の窓から眺めるマウナ・ロアとマウナ・ケアの雄大な景色は、何度見ても飽きることなく、見るたびに感動します。
太平洋プレートは年間約10センチ北西に移動しているので、ハワイの島々はホットスポットから離れていっています。その動きに沿って飛行機がハワイ島からマウイ島に向かい、飛行機の窓の外を見ると、斜め後ろの方にハワイ島が見えます。この日は天候が非常に良かったので、コハラ、マウナ・ケア、フアラーライ、マウナ・ロアがはっきりと見えました。あの景色は一生忘れられません。
かつて存在した巨大な島「マウイ・ヌイ」は、7つの火山(ペンギンバンク、ウエスト・モロカイ、イースト・モロカイ、ラーナイ、ウエスト・マウイ、カホオラヴェ、ハレアカラー)で形成されていました。今日のハワイ島よりも大きかったであろうというマウイヌイがホットスポットから離れ、沈降し、侵食を受け、30万?40万年前に2つの島となり、10万?20万年前に3つの島となり、今日ではモロカイ島、マウイ島、ラーナイ島、カホオラヴェ島の4つの島となっています。今日のマウイ島を形成するハレアカラーとウエスト・マウイは、1万5千年ぐらい経つと2つの島になるだろうと言われています。
マウイ島のハレアカラー国立公園に向かう道から望む景色は素晴らしいです。マウイ・ヌイを形成していた山々の頂が海面に浮かぶかのように見えて、ウエスト・マウイとハレアカラーが引き裂かれていっている過程をも見ることができます。
海に覆われてしまったマウイ・ヌイの低地には、毎年11月から5月にかけて(12月から4月がピーク)にはザトウクジラが多く集まってきます。この比較的浅く暖かく、ザトウクジラにとって安全な子育て場所は、ハワイ諸島ザトウクジラ国立海洋保護区と指定されています。
今回のマウイ島への旅の1番の目的はマウイ・ヌイの一番新しい火山ハレアカラーの山頂付近に自生する開花中のギンケンソウや他の高山植物を見ることでした。外来種の色鮮やかで派手派手しい花々より何千倍も何万倍も美しいです。深く長いストーリーがあるから、なおのこと美しさに深みがあるのです。次回はウィリウィリの花を見に行くためにマウイ島の旅を計画しようと思っています。
*********************************************
USGS “Volcano Watch” 1995年9月12日のマウイ・ヌイについての記事
*********************************************


2006-08-20 | Posted in 旅行記No Comments » 
Comment





Comment