ツアーの概要

Natural Wonders of Hawaii from Kumiko Hasegawa

自然観察を主な目的としたツアーの案内をさせていただいております。ハワイ在来植物(在来種の内、約90%は固有種)の観察、野鳥の観察(主に固有種)、それらの植物や鳥たちが生息する環境の観察(溶岩台地、森林、高山など多種多様な自然環境)、そして自然と人との関わりに関しても学ぶエコツアーです。結構マニアックな感じですが、決して堅苦しいツアーではありません。

このスライドショーは、2002年に独立してインタプリター活動をするようになってから2014年10月までの間にお客様から送っていただいたお便りの中から抜粋した「生の声」を綴って、それにぴったりな写真を添えて作ったものです。どんな感じのツアーなのか伝わってくると思いますので、ぜひ▶をクリックしてご覧ください。音声はないので、「生の声」を読んでください。いつか、その後のお客様の声を加えたものも作りたいと思っています。私はお客様の素晴らしい表現力に感動します。まさに輝く「宝物」です。

ハワイ島は自然科学の研究に最適です。SSH(スパーサイエンスハイスクール)指定校の研修・実習プログラムのコーディネートおよび案内も承っております。一般向けのツアーもかなり深く掘り下げた内容なのですが、学生用のものは、さらに深く掘り下げたフィールドワークで、まさにアクティブ・ラーニングを目的とした内容です。火山学者や生物学者などが同行するフィールドワークや、地元の学生との交流なども可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鳥観察・撮影に適したところ
ハカラウ・フォーレスト国立野生生物保護区
マウナケアの東側に面したコアとオヒアを林冠とする高地森林地帯
標高1700~1900メートル

ワイアケア森林保護区
マウナロアの北東に面したコアとオヒアを林冠とする森林地帯
標高1700メートル

カオヘ狩猟管理区域
マウナケアの西側に面したママネとナイオが多い高地乾燥林地帯
標高1800~2300メートル

カロコ・ホノコハウ国立歴史公園、ワイロア・リバー州立公園
ロコワカ・フィッシュポンドなどコナやヒロの低地湿地地帯
標高0メートル

ハワイ火山国立公園 (キラウエアの海岸部と山頂部の多様な環境) 標高数メートルから1247メートル *野鳥観察には、追加で加える程度の目的地です。

植物観察に適したところ
ハワイ火山国立公園 (キラウエア、マウナロア)
マヌカ州立公園
カロパ州立公園
プウコホラー・ヘイアウ国立歴史遺産
プウホヌア・オ・ホーナウナウ国立歴史公園
ラパカヒ州立歴史公園
マウナケア

その他の要素を加えるなら・・・
ワイピオ渓谷
ポロル渓谷
アカカ・フォールズ州立公園
レインボー・フォールズ
カウマナ・ケイブ
サウスポイント
グリーンサンド・ビーチ
プナルウ・ブラックサンド・ビーチ
ペトログリフ
など・・・

*場合によっては、ツアーの帰り道に星空観望を加えることも可能です。

*世界遺産であるハワイ火山国立公園は、火山見学だけが目的の場所でなく、ハワイ諸島の自然史を学ぶためにも、多様な自然観察にも最適な場所です。国立公園内6~8時間のプラン(ヒロまたはボルケーノ発着ツアーのみ可能)でも、あっという間に時間が足りなくなりす。

*マウナケアを含むツアーを案内させていただく場合には、マウナケアでツアーを行うためのパーミットを持ったツアー会社の車をチャーターして案内させていただきますので、ツアー料金はその他のツアー料金とは異なります。

*早朝、私が通っているヒロにあるヨガ・シャラで一緒に、メディテーション、プラーナヤーマ、アーサナ(アシュタンガヨガ、マイソールまたはLEDクラス)のプラクティスをした後、自然と一体になる半日ツアー(半日で可能な内容のみ可)を行うことも可能です。この場合のツアー料金は通常のツアー料金とは異なります。

長谷川久美子