海洋生物

サメの襲撃を避けるための安全対策

海で泳いだり、潜ったり、サーフィングする時には常に2人以上で、グループ、集団の中にいる。ライフガードがいるところが良い。
怪我や傷があったり、生理中だと、海に入らない。たとえ少量の血であっても、サメは何キロ離れていても嗅ぎつけることができます。
明け方、夕暮れ、夜間は海に入らない。このような時間帯に海岸近くに獲物を求めてくるサメがいます。
魚やカメやイルカたちの異常な行動を見たら要注意。サメの気配を感じての反応かもしれません。
過度に水面でパシャパシャするのは避ける。サメはそのような動きに敏感なようです。
どんなサメでも挑発しない。小さなサメでもです。
モリで魚を捕らえている人がいるような場所は避ける。水中に死んだ動物がいるところも避けます。
港の入り口、河口、水が濁ったところ、水深が急激に深くなっているところはサメが多いので避ける。
サメが出るといわれているところには入らない。サメがいたら、速やかに静かに海から出る。
キラキラしたものを身に着けて海に入らない。対照的な色合いのある水着などは避ける。
ウィリウィリ(ハワイ固有種のデイゴ)の花が咲いている時期は、サメが噛むという言い伝えがあるので、その時期は注意したほうが良い。


2006-09-17 | Posted in 海洋生物No Comments » 
Comment





Comment