ハワイの文化

「パイパイ」

6月の終わりごろ、プウコホラ・ヘイアウの近くの浅い海で、4人の地元の男性たちが海岸から縦1列に並んで海に入って行き、両手で海面をパタパタたたきながら岸に沿って歩いていました。彼らの向こうには彼の仲間が2人乗ったカヤックが同じ方向に進んでいました。10メートルぐらい進んでいくと、網が張ってありました。
このように海面をパタパタと叩くことによって、魚を網の方へ追っていって、網にかかった魚を捕まえるというパイパイ(pa’ipa’i)という漁法だそうです。パイ(pa’i)とはハワイ語で手のひらでたたくことです。
今回、小さい魚が驚いて泳いでいるところは見えたそうですが、残念ながら一匹も網にかからなかったようです。彼らは年に1回パイパイをするそうです。欲張らないようにしているそうです。
その時の写真はLilikoi Diaryでご覧ください。


2008-08-13 | Posted in ハワイの文化4 Comments » 

コメント4件

 Lilikoi | 2008.08.14 18:36

SECRET: 0
PASS: 0f0c243f0e8881b92bd514af045ddb5e
写真データ消しちゃったから・・・(@_@)
バカな私!
でも、頭の中に!心の中に!
しっかり焼きついてます♪
心が癒された、ホッとした出来事でしたよね♪
みなさん!ありがとう!って言いたくなりましたよ(*^。^*)

 Kumiko | 2008.08.15 1:56

SECRET: 0
PASS: b4dee3df511b5ce2d6630c4d13a9beae
私達、ほんとうにラッキーでしたよね。

 Midori | 2008.08.19 0:47

SECRET: 0
PASS: a2e7cc4e01bcc7722f0331eb4d869523
整理整頓が大の苦手の私。たま~に、意を決して大掃除をすると、出るわ、出るわ!ダブっていたり、もう使わなくなっていたり、自分の身に余るモノ、モノ、モノ!本当に必要な一握りのもの、大切にしなればいけないものをハワイのこののどかな漁法にガツンっ!と教えられた気がします。反省、反省・・!
私の好きな寓話です(ご存知の方もいらっしゃると思いますが)
ある美しい漁村に腕のいい漁師が住んでいました。彼は好きな時間に起きて、小舟ででかけ、大好きな釣りをし、自分が食べる分だけの魚を獲ったら、あとはのんびりお昼寝をするという、いたってのんきな暮らしぶり。
その村に遊びに来た、大金持ちの会社の社長さんが漁師に言います。「腕がいいんだから、もっと大きな船を使って魚をたくさん獲ったらどうだ?そうしたらそれを市場で売って、金が入る、金が入れば君は人を雇って、君の代わりに漁に出てもらう、君はリッチになって楽ができるよ!」
漁師は聞きます「楽になるってたとえば?」
社長さん曰く「好きな時間に起きて、小舟ででかけ、君の大好きな釣りをし、君が食べる分だけの魚を獲ったら、あとはのんびり昼寝をしていればいいのさ!ね、最高だろ?」

 Kumiko | 2008.08.19 3:44

SECRET: 0
PASS: b4dee3df511b5ce2d6630c4d13a9beae
Midoriさん、その話、とてもいい話ですね。今の私にぴったりな話です。もうひとつのブログでも、ちょこっと書きましたが、周りを見ていると、自分ももっとビジネスを拡大して、もっとツアーの本数も増やして、ガイドも雇ってやらないといけないのかなというようなプレッシャーを感じたのですが、でも、それは自分が本当にやりたいこと、自分が心地よいと感じることではないと、自分の気持ちの再確認したのです。そんな私にぴったりのお話です。ありがとうございます!

Comment





Comment