植物

ココヤシについて (その3)

coco

Cocos nuciferaは、ハワイ語ではニウ、英語の俗名はcoco palm、その実はcoconut。日本語ではココヤシ、その実はココナッツ。そのココというのは、ポルトガル語のcocoで、猿を意味しているそうです。
種子に相当する厚い殻の端に3つの比較的柔らかい少し窪んだ丸い発芽孔があり、それが猿の顔に似ているからです。クリッと丸い2つの目と、拡げた小さな口です。目にあたる2つの孔は機能しません。発芽するのは口にあたる孔です。ここに穴を空けて、ストローを差し込んでジュースを飲むことができます。
ココヤシについて 
その1(寿命、利用価値、実や葉を落とす作業など)
その2(実の割り方、成分、カプ制度など)
その4(食用の実について)
その5(花と実について)


2008-10-23 | Posted in 植物4 Comments » 

コメント4件

 hanae | 2008.10.24 18:16

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
はじめまして、よく拝見しております。これからも遊びにきますね。

 Kumiko | 2008.10.24 18:31

SECRET: 0
PASS: b4dee3df511b5ce2d6630c4d13a9beae
ありがとうございます。これからもよろしくお願いしますね。

 mami | 2008.10.25 0:20

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ハワイに行くととても身近にあるココヤシ。
だけど詳しいことはわからないまま…。
今回の特集ですごく勉強になりました。
ここで学んだことをしっかり覚えて私も説明できるようになろうと思いま~す!!

 Kumiko | 2008.10.25 2:22

SECRET: 0
PASS: b4dee3df511b5ce2d6630c4d13a9beae
ココヤシ特集は(5)まで続きますよ。お楽しみに~。

Comment





Comment