思考

歴史的なアナエホオマルで癒しの黄昏時

私が住んでいるハワイ島ヒロは島の東側にあるので、山の向こうに沈んでいく夕日は見れても、水平線に沈んでいく夕日を観ることはできません。 2009年8月28日はコハラ地区にあるアナエホオマル(‘Anaeho’omalu)へと出かけました。
日中はとても日差しが強く、気温も高いですが、夕方になると少しひんやりとしてきました。プールの側にあるジャグジーで、温かいお湯とジェットの泡とでリラックスしました。太陽の位置がずいぶん低くなってきました。ジャグジーの側のプールに反射する太陽の光がとても綺麗だったので写真を撮りました。

082809 Sunset 1

太陽の光が赤くなり始めたので、ジャグジーから出て、ビーチに向かって歩き始めました。砂浜で海からk区切られたフィッシュポンドに反射する太陽の光がとても綺麗でした。

082809 Sunset 2

ココヤシの葉が風に揺られてサラサラという音をたてていました。その音と波の音とのハーモニーが素敵でした。

082809 Sunset 3

この日は結構雲があったので、夕焼けが一際綺麗でした。穏やかな海に船が一艘静かに浮かんでいたのがとても絵になりました。

082809 Sunset 4

フアラーライが見えていました。Hualalai kau mai i luna (Hualalai, the majestic mountain is high above) フアラーライ、高くそびえる雄大な山。

082809 Sunset 5

部屋に戻る途中、何度も振り返って海の方を見ました。空の色と海面に映る空の色が体を包み込んでくれるような感じでした。海辺でたたずんでいる人たちのシルエットが見えました。素晴らしい黄昏時でした。

082809 Sunset 6

アナエホオマル(‘Anaeho’omalu)のアナエ(‘anae)とは成長したボラのことです。王族だけでなく平民も食べていたそうです。ホオマル(ho’omalu)とは保護する・制限するという意味です。 アナエホオマルではボラを成魚になるまで養殖していたところだそうです。養殖池はいまでも残っています。 ここにあるフィッシュポンドが昔の養殖池です。
現在はホテルやコンドミニアムが沢山立ち並んだリゾート地となっていますが、この辺りにはペトログリフ(昔の人が溶岩に描いた絵)や昔の人たちの道が保存されています。ここのリゾート開発は、そのようなハワイ独特の歴史的な要素や雰囲気が焦点となっていないので残念なことだなと思います。


2009-09-28 | Posted in 思考4 Comments » 

コメント4件

 とっとこ | 2009.09.28 21:58

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
今晩は
何時も見てますが、コメントご無沙汰でした
日中はギラギラしてたお日様も、夕刻には物静かに空を茜色に染めて沈んで行くのですね,
椰子の木がシルエットになって、何と素晴らしい光景でしょうか、
このような所に身を置いてみたいですね~
ロマンチックな気分になりました

 Kumiko | 2009.09.29 2:04

SECRET: 0
PASS: b4dee3df511b5ce2d6630c4d13a9beae
この日のサンセットと夕焼けは抜群でした。

 makaki | 2009.09.29 12:05

SECRET: 0
PASS: 173c2ad590a18ec43c18f86a489e1a25
リゾート開発も致しかたない実情なのでしょうが、フィッシュポンドやペトログリフといった歴史的遺産との共生は難しいのでしょうか?
しっかり保護して後世まで残して欲しいです・・・

 Kumiko | 2009.09.29 17:54

SECRET: 0
PASS: b4dee3df511b5ce2d6630c4d13a9beae
残してはあっても、残さなければいけないから残しているといった印象を受けます・・・

Comment





Comment