植物

ハワイ島キーラウエアのコオコオラウ

これはハワイ島キーラウエア火山のコオコオラウ(ko’oko’olau)です。キク科(Asteraceae)センダングサ属(Bidens)です。キーラウエア火山南東部にあたるプナ地区のカラパナの溶岩台地で見つけました。学名はBidens hawaiensisです。

Biden hawaiensis 1

上の写真では、内側の筒状花(とうじょうか, disk florets)が開き始めた様子がわかります。ひとつだけ開いています。

Biden hawaiensis 2

上の写真では筒状花が全て開いていて、それぞれのめしべがぐっと出ていて、外側の舌状花(舌状花、ray florets)は少し反り返っています。

Biden hawaiensis 3

キーラウエア火山とコハラ山の標高50-1400メートルの乾燥低木帯、溶岩台地、湿潤森林帯に生える固有種です。70センチから2.5メートルに成長するそうです。

Biden hawaiensis 4

フアラーライ山のコオコオラウを見る

マウナ・ロア山とマウナ・ケア山のコオコオラウを見る


2010-01-29 | Posted in 植物No Comments » 
Comment





Comment