自然観察旅行

ハワイ島とオアフ島の植物観察の旅

<<清水 美重子先生からのお便りです。>>
ハワイ島の植物観察では、本当にお世話になり、ありがとうございました。ペレが住むというハワイ島の自然は、とてもダイナミックですね。4000m級の山が二座もそびえ、いまなお活動を続ける火山、マウナ・ケア山頂で見たサンセット、満天の星、溶岩の流れ・・・どれも雄大で神秘的。固有の植物もたくさん教えていただき、とくにハワイ名と、その由来に興味がひかれました。アカカ滝、レインボー滝、マウナ・ケア、キラウエア・イキ・・・どこもすばらしいでしたが、とくにキラウエア・イキの森林帯からクレーター内に降りたときに見たオヒア・レフアが印象的でした。というのは、森林内では伸びのびと大きく育っていたのに、クレーター内の苛酷な環境の中では、小さくても力強く赤い花を咲かせていた姿。学名のメトロシデロス・ポリモルファの意味がわかった気がしました。どんな環境下にあっても順応できる生命力、さすが比の女神ペレの化身だと納得しました。オヘロの花も実も、とてもかわいいでしたし、ドドナエアやビャクダンの花も見ることができ、感激しました。
今回は短い日程の中で、盛りだくさん楽しいコースを案内していただき、また、いろいろなことを教えていただきました。泉のように湧き出るクミコさんの知識に、ただただ感服。もっともっとハワイの植物や原住民の生活、タパやレイ、伝統植物なども知りたかったですが、時間がなくて残念でした。たくさん勉強させていただいたことに感謝です。またの機会を楽しみにしています。
あとになりましたが、すてきなバースデープレゼント、ありがとうございました。ペレの食べものといわれるオヘロの実のジャムや、さっぱりとした甘さのレフアのハニー、とてもおいしくいただきました。幻想的な炎のククイのキャンドル、カマニ・ナッツ・オイルははじめて手にしました。カマニ(テリハボク)は沖縄では街路樹や防風樹としてよく植えられていて、樹皮や種子を薬用とするようですが、ハワイでも同じ用途ですか? レフアが透かしになったコアのしおり、本当にすてきなプレゼントの数々、ありがとうございました。
私の方からは「六甲の花」と「ひょうごの山菜」をプレゼントします。ふるさとの加古川のことを少しでも思い出していただけたら・・・同封のハンカチとしおりは、昨秋、山形県蔵王に行った時に求めた紅花染めです。あと、ドングリ(コナラ、アカガシ、ミズナラの殻斗、オニグルミ、ユーカリの実で作ったブローチとストラップ、バッグにでもつけていただけたらうれしく存じます。(ドングリの作品は、この間のツアー参加者のおひとりの作です。)
ご主人パトリック様にもたいへんお世話になりました。どうぞよろしくお伝え下さいませ。また、ハワイ島へ行く機会があったら、ぜひご一緒してくださいね。くれぐれもご自愛の上、お仕事楽しんでくださいね。
かしこ


2010-03-09 | Posted in 自然観察旅行Comments Closed