地元社会のために

KTA’s Mountain Apple Brand

Mountain Apple Brand1970年代から1980年代にかけて、ハワイ島のサトウキビ産業が次第に縮小し始め、最後まで残った3つのプランテーションも、1993年にHamakua Sugar Company、1994年にHilo Coast Processing Company、1996年にKau Agribusinessが閉鎖されました。 

農業離れを防ぐためにも、農業の経営多角化・複合化を進めるためにも、自営農業を支援するためにも、ハワイ島ののんびりとしたライフスタイルを守るためにも、農地が住宅地などへ転用されるのを防ぐためにも、様々な努力が必要です。

ハワイ島にあるKTA Super Storesというスーパーマーケットでは、 1994年にMountain Apple Brandというブランドを作って、ハワイで生産、製作、製造、加工したものを販売しています。現在その商品の数は200以上あります。 KTA Super Storesは、1916年にKoichi & Taniyo Taniguchiとう日系ご夫婦が、ハワイ島ヒロでK.Taniguchi Shotenという小さな食料雑貨店を開業し、それが後にチェーン化したものです。ハワイ島だけにあるスーパーマーケットで、現在は6店あります。

KTA Super Storesのロケーション:

ヒロ(Hilo):ダウンタウンに1店、もう1店はプアイナコ通り(Puainako St.)と11号線カノエレフア通りの角(Kanoelehua Ave. Hwy 11) 、プアイナコ店の方が大きいです。

カイルア・コナ(Kailua-Kona):パラニ通り(Palani Rd.)のKona Coast Shopping Center内 

ケアウホウ(Keauhou):アリイ通り(Alii Dr.)の Keauhou Shopping Center内

ワイメア(Waimea) :19号線、ママラホア・ハイウェイ(Hwy. 19, Mamalahoa Hwy.)のWaimea Center内

ワイコロア・ビレッジ(Waikoloa Village) :Waikoloa Highlands Center内、KTA Super Storeではなく、Waikoloa Village Marketという名前です。


2007-09-18 | Posted in 地元社会のためにNo Comments » 
Comment





Comment